「ワーキングホリデー研修」「英語研修」「技術研修」と、エヌビーエスは研修制度の充実に取り組んでいます。

 

巨大プロジェクトとして膨大な費用と人材が投入されるプラント建設の現場には、世界各国よりエンジニアが集結します。現場の共通言語である英語は不可欠です。また、様々な文化・宗教背景を持つエンジニアと共にチームを組むには、柔軟な適応力・想像力・コミュニケーション力が求められます。さらに、プロジェクト成功のために個々の技術力が問われることは言うまでもありません。

 

研修によって若きエンジニアを支援し世界へ羽ばたかせることが、企業の更なる躍進を導く。

私たちはそう考えているのです。

2017年入社  A.T

所属:長崎営業所

 

研修中の過ごし方

私はワーキングホリデー研修として、カナダのトロントに7ヶ月、ニューヨークに1ヶ月滞在しました。

 (表参照)

​仕事

​学校

語学学校と言っても授業のレベルは日本での英語の授業と比べたら生易しいものだと思います。ただし、先生も生徒も外国人で、授業やテキストは全て英語なので最初はそれが少しストレスでもありました。

日本語禁止で日本人同士でも英語でしたが、同じ境遇やレベルの人がいたので、慣れるのに時間はかかりませんでした。トロントの学校の特徴としては韓国人とブラジル人が多く、私の学校はその他ヨーロッパ圏の人や、メキシコ人、タイ、台湾、ベトナム人がいました。この様な世界中の国々の人々と出会える場をチャンスだと思い、文法やTOEICといった日本でもできるような勉強よりも、様々な国の友達と語り合う事に力を入れました。

ワーキングホリデーに行く前の一番の不安は、仕事が見つかるかどうかでした。カナダには「イーメイプル」という日本人向けのカナダの掲示板サイトがあります。私はそれを利用してイタリアンレストランの求人を見つけました。メール・電話・履歴書・面接と全てが英語だった為​、日本でしっかりと勉強して行って良かったと思います。レストランのオーナーはカナダ在住のイタリア人で、その他カナダ・フィリピン・アイルランド・イギリス・ジャマイカ人と、多国籍な環境の中で働くことができました。日本人もいましたが、担当が違ったのでほとんど外国人と英語でやり取りをしなければならず、速くて聞き取れなかったり、こちらの言いたいことが伝わらなかったりすることが多くあり、そうすると時々呆れられたり、相手にされなかったりもしました。

学校で話す英語は、自分と同じく英語を学びに来ている友達と、片言の発音をされる事に慣れている先生が相手なので、今までいかに甘い環境だったかを痛感しました。ただ、その悔しさともどかしさのおかげで、もっと勉強しようという気持ちにもなりました。また、外国だからと言ってもアウェイだと思わず、同じ人間のコミュニティーなのだと思うと自然と楽しさを感じることができました。

​英語の特訓

​帰国までのお金を貯めた後、もっと勉強の時間が欲しいと思い仕事を三ヶ月で辞めました。家では食事や睡眠などの最低限の事以外の時間は黙々と英語を勉強し、外では外国人の友達とバーなどに行って英会話の特訓をしました。せっかくカナダに来たのに勉強ばかりでもったいないと言われたこともありましたが、この2ヶ月間、一日に十何時間も集中して勉強したことは、自分の急成長を実感した密度の濃い時間だったと思います。

研修で得た成果

外国の生活自体は2,3週間も経てば慣れましたが、好奇心を持って行動することで、一つひとつが貴重な体験になりました。カナダやアメリカといった多国籍の国に行くということは、外国人が日本に来る事とは違い、英語ができて当たり前の状況の時もあります。また「HOW ARE YOU?」で知らない人にも話しかける文化なので、旅の先々でいろいろな人と出会い仲良くなることができました。こういった、見たこともない物を見て、感じたことのない焦りを感じ、自分一人で解決しなければいけない状況を経験したことで、大きな自信と自立、視野の広さを得ることができました。これから行く人も「ただ楽しかった」で終わらない為に、明確な目標を持って挑むことが大切だと思います。

CONTACT US

Email:      info@nbskk.co.jp
Address:  5-10, Narayamachi, Hakata-ku

               Fukuoka City, Japan
Phone:     +81-92-263-8833

GET UPDATED

  • Wix Facebook page

© 2014 by NBS Inc. Allrights reserved.